スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カオリちゃんと鎌倉文学館

旅もクライマックス、最終日の朝を迎えました。

ホテルの窓辺で。対岸の山を越えた先に
前日までいた葉山町があります。
P1040001.jpg

この日のお目当ては鎌倉文学館。
朝イチで行きたかったので、早めのチェックアウト。


平日、午前9時前の由比ヶ浜の様子。
入り江の向こうの大屋根は八幡様か?
P1040004.jpg

台風の高波を期待してか、サーファーがいっぱい。
海に縁のない自分から見れば信じられない光景ですが
こんな朝早くからお人形撮影している自分の方こそ
どうかしてると思われても仕方ない。


さて、ホテルから歩いて歩いて文学館到着。
洋館が有名ですが、お屋敷へ続く石畳の小路から
すでにステキ。
P1040006.jpg

モデルはお正月の着物モデルだったカオリちゃん。
贔屓するわけではありませんが、
カバンから出し入れするときに髪が崩れにくく、
かつ前髪が短く、目に影が掛からないという条件で
屋外撮影はこのコか前日のLC仙台ちゃんばかりになります。

提灯袖のカーディガンと首元のパールでマダム感に満ちた
コーデになってしまいました。


入館料を払った先に小さなトンネルがありました。
P1040008.jpg


お屋敷脇の小路。足元に白い花がいっぱい。
P1040012.jpg
花園から甘い香りがこの辺りまで漂って
頭がくらくらする程でした。

そしてお屋敷のお庭へ。この景色観に来ました。
P1040018.jpg

白いバラ
P1040014.jpg

紫のバラ
P1040015.jpg

大好きなオレンジ色のバラ
P1040016.jpg

大型バラ園にも行った事がありますが
ここまで匂う庭は初めての経験です。
人もまばらで、早朝に行って本当に良かった。
マダムコーデもここなら悪くないでしょ?
P1040019.jpg

青い屋根のお屋敷と。
P1040020.jpg


洋館の内部は文学資料館になっていて撮影は不可。
ただしバルコニーでは撮影OKとのことでした。
P1040023.jpg

木々の先には鎌倉の海
P1040025.jpg

ここでコーヒーを飲みながら小一時間ほど海を眺めていました。
この後に近くの長谷観音へ行く予定もあったのですが
十分満足してしまったので土産を買って帰路につきました。

旅の最後に大好きな300系江ノ電に遭遇。
P1040029.jpg


3日間、お人形の縁に恵まれ
満ち足りた幸せな旅でした。

そしてお土産
P1040071.jpg
貝やガラスは森戸の浜で拾ったもの
キーホルダーは長谷の土産物屋で
屋号の「C夫人(Lady C)」を彫ってもらいました。

うちのイケメンには名物の鳩サブレーを。
P1040031.jpg



(葉山・鎌倉紀行これにて閉幕ッ!)









スポンサーサイト

カオリちゃんと江ノ電沿線

さて、北鎌倉で胸いっぱい、足はヘロヘロになった私。

あじさいシーズン前の明月院と
サザンがミニライブをやった建長寺はスルーして鎌倉駅へ。
そこからは江ノ電の1日きっぷを買って気ままに行動しました。
P1030968.jpg


まず向かったのが極楽寺。
ここの駅で途中下車するのは初めてです。

駅から極楽寺へ行く道中に人形工房が1件
P1030969.jpg

P1030970.jpg

工房の窓が開けてあって、道行く観光客を
楽しませてくれます。

工房を尋ねた時、ちょうど人形師の堀井孝雄さんが帰宅されて
しばし立ち話。
堀井さんのお弟子さんの作品「わるねこ(わるねこ)」を持っていると伝えると
とても喜んで下さり、目を細めながら弟子自慢を聞かせてくれました。

堀井さんは、工房の名前は彼に渡しましたが、
自分は死ぬまでお人形を創っていきたいとおっしゃっていました。

まさに人形者の鑑。

カオリちゃんの故郷を尋ねるところから始まった旅は
私を人形の世界へ導いてくれた恩師ゆかりの地を経由して
現役の人形師との出会いへ繋がりました。

人生でこれまでにない「ドール充」を実感できた時間でした。

恥ずかしながらうちの子を堀井さんに紹介して記念に1枚。
P1030971.jpg



工房を後にして、線路向かいの極楽寺へ
院内は撮影不可でした。
P1030973.jpg


ここからは一度歩いてみたかった
極楽寺の切通しを下ります。
サザンネタで恐縮ですが、これが言いたかっただけ。
「極楽寺坂みどり。」
P1030982.jpg


坂を下った先は由比ヶ浜の西側に出ます。
台風が近づいて、波・風が高かったので
浜はサーファーで賑わっていました。
P1030985.jpg

これぞ「湘南」って写真
P1030986.jpg


長谷の駅を経由して稲村ケ崎へ
P1030989.jpg

年々、砂浜が削られていると問題になっていましたが
約10年ぶりに来ると、びっくりするほど浜は小さくなっていました。

映画「稲村ジェーン」の気分で
P1030990.jpg


なぁんて撮影してたら風が強いのなんの!
映画のクライマックスの嵐みたいだったよ!
P1030992.jpg
「暑かったけど短かったよね、夏。」

天気がよければここから江の島の向こうに
富士山のシルエットが浮かぶ絶景ポイントなのですが
さすがに諦めて、腰越で名物のシラスを平らげて
さっさとチェックイン。

一日中歩き通しで足がパンパン
P1030996.jpg

って、アンタらはカバンで輸送されてただけでしょ!


(懲りずに続く)



カオリちゃんと北鎌倉

さて、一夜明けて早朝の三浦半島。
P1030927.jpg



夕べからの雨は続いていましたが
一瞬の雲の切れ間を縫って撮影会決行!
P1030928.jpg

P1030930.jpg


ホテルの裏山に散策路がありました。
P1030941.jpg

P1030939.jpg


さっさと朝食を済ませると
チェックアウト時間を待たずに出立。

雨はまだ止まないので長靴でおでかけ、
この日のお伴はLC仙台先行ちゃん。
P1030945.jpg


ホテルから逗子行のバスに乗って、
そこからさらに電車に乗り換えて北鎌倉へ。


旅の目的の一つ、浄智寺。
P1030948.jpg

鎌倉五山の一つですが、観光客の少ない静かな場所。
ここへ来たのは作家・澁澤龍彦さんの墓前に手を合わせるため。

お人形の世界に入り込んだきっかけは
カオリちゃんと出会ってしまった事でしたが、
澁澤さんの作品と出会っていなければ
今なおお人形の世界にどっぷり浸かる事は無かったと思います。

お人形以外にも彼からはいろんな影響を受けてきたので、
この機会にあつかましくも感謝の気持ちを伝えにいきました。


以下、お人形なしの写真が続きます。
P1030950.jpg

拝観料受付の女性にお墓の場所を尋ねると
丁寧に教えてくださりました。

朝露に濡れた濃い緑の路
P1030951.jpg

お寺の奥の墓地に、彼のお墓はありました。
ドラコニアの王というイメージとはかけ離れた簡素な墓石。

墓石の写真を撮るのは気が引けたので
お墓から見える景色を1枚。
P1030954.jpg
今は緑一色ですが、常緑広葉樹に落葉樹、もみじ
頭上にはクヌギかナラか、どんぐりを落とす木があって
四季の表情を楽しめる場所、といった印象。

墓石には本名ではなくペンネームの「澁澤龍彦」と刻まれていました。
戒名は文光院彩雲道龍居士。美しい名前です。

墓前に手をあわせてしばらく静かな時間を過ごしました。


受付の女性にお礼を伝えて、
次に向かったのは線路向かいの円覚寺。
ここは修学旅行生と外国人観光客で賑わっています。
かまわずドール撮影。
P1030957.jpg

アジサイっぽい花
P1030959.jpg

最奥の院の静かなお庭。
P1030960.jpg

人形たちの入った大荷物を背負って
ヘトヘトになりながら円覚寺裏手の見晴台へ
P1030964.jpg

この場所は澁澤さんが晩年すごした自宅のすぐ近くで
パジャマ姿で散歩に来る、とエッセイにも記してあります。

茶屋でお抹茶をいただきながら
彼の事を想い、また胸が熱くなるのでした。

(飽きずに続く。)











カオリちゃんと葉山2

葉山紀行の続き。

森戸からバスに乗って終点の葉山(御用邸の前)へ
そこからホテルまで歩き続けました。

遠くに見える岬は長者ヶ崎
その先はもう横須賀市。
P1030845.jpg

のどかな浜ではマリンスポーツに興じる人影がちらほら
P1030848.jpg

風に揺れるハマヒルガオ
P1030851.jpg


それにしても葉山は観光地化されていない、
飾りっ毛がないのんびりとした街、といった印象。
自分自身がのんびりと旅をしているから
そう思っただけかもしれませんが。

ここで育ったカオリちゃんは波と自由を愛するサーファーで
他人から見ればかなりマイペースな子なんじゃないか、と
イメージは膨らみます。


以下、私のテンションは上がりっぱなし、
いつも以上に妄想垂れ流し文へと続きます↓↓↓


まだ日も高いうちに、この日の宿泊地に到着。

お部屋のバルコニーで自宅のようにくつろぐ
P1030863.jpg


彼女と初めての外泊、みたいな気分になった
P1030866.jpg


着替えてみた。ついでにボディもフォトジェニックに。
P1030877.jpg


広々したベッドでうたたね
P1030881.jpg


ラグジュアリーなお部屋のイメージに合わせて
カオリちゃんも変身。
(こちらはTOGOカオリちゃん)
P1030883.jpg

光の中で。
P1030892.jpg

(まだまだ続く)






カオリちゃんと葉山

あっという間に湘南地区からかえってきました。

似たり寄ったりの写真ばかりですが
カオリちゃんと旅してきた思い出を
じっくり・ねっとり振り返ります。

公共交通機関にて
我が家最古参の茶箱2ndちゃん。
P1030797.jpg
帽子とスカートはそれぞれ別のディーラー製、
シャツは自作したもの。

新宿から先は電車もガラガラ
P1030799.jpg


逗子駅からはバスで目的の葉山町へ
気の向くままに途中下車してひたすら南下しました。

葉山マリーナ
P1030803.jpg

P1030805.jpg
葉山といったらここか御用邸のイメージ。
実際に行ってみたら観光地化されていない
のんびりした風景が続きます。
古くからの景勝地・静養地なのに。
P1030807.jpg


磯伝いに森戸の浜へ
P1030812.jpg


ここで選手交代、ココナツガールカオリちゃん。
P1030824.jpg
ハワイアンイメージだけあって、この子は本当に海が似合う。

グラウンドレベルに立たせてみた。
波の向こうに小さく江の島。
P1030821.jpg

浜の南にあるのが森戸神社(森戸大明神)
P1030829.jpg


浜から見たら竜宮殿のようでしたが
中は小ぢんまりした静かな神社です。
P1030840.jpg


旅の記念におみくじを引いたら大吉がでました。
旅のスタートにしては上出来!
(ねっとりと続く)



葉山から鎌倉へ(ガラケー)

さて、旅の二日目。



ホテルの裏山に散策コースがあって
早朝の撮影会。




朝食後、ホテルを発ったらバスと電車で北鎌倉へ。


旅の目的の一つ、浄智寺。

ここには敬愛し、人形遊びの世界に私を導いた澁澤龍彦さんが眠っておられます。
墓地で迷いつつも、氏の前で手を合わせることができました。

山門が有名な円覚寺。



北鎌倉を後にして、江ノ電に乗り極楽寺へ




由比ヶ浜



稲村ヶ崎で「稲村ジェーン」ごっこ



日も暮れてお宿へ



おやすみなさい

葉山紀行(ガラケー)

私がこんなにもカオリちゃんにのめり込んでしまった理由の1つは
彼女が葉山出身という設定だったから。

鎌倉でもまして湘南ではなく葉山。

御用邸があるのでリゾート地、静養地のイメージがありますが
じゃあ、葉山ってどんなとこなの?

カオリちゃんの生まれた町を見に行こう!
…ということで来ちゃいました。
現在町外れずのホテル



とりあえずガラケー撮影分だけをアップしてみる

横須賀線にて



葉山マリーナ



森戸の浜



遠くに森戸神社



ホテルにてはしゃぐ



お宿自慢のバルコニーから



夢見るカオリちゃん



ロマンチックに



旅程の相談中




旅はまだ続きます。

ドールショウ43で遊んできた

ドールショウの大きな目的の一つは
お人形交流会でした。

小さいながらも各自が持ち寄ったご令嬢でヒナダニングできました。
P1030560.jpg

P1030554.jpg

P1030556.jpg




当日TOTOCOブースで購入した、イサムくんも参加
P1030567.jpg
長野五輪ライセンスのスケーター(スケート靴は面倒で履かせてない)


2ショのお願いをいただいたので調子に乗ってみた。
P1030565.jpg

あれ、きらちゃん引いてる?

さらに調子に乗って別の女の子にも手をだす。
P1030571.jpg
完全に空気凍ったッ!
(スケーターだけに?)

なぜほのぼの、ラブラブな雰囲気にならないんだろか?
公式カップルなのに…

うちに帰ったら気の強そうなカオリちゃんとか、カオリちゃんとか
カオリちゃんばっかりなので
ヨソの可愛らしいお嬢さんと交流できると
ついふれあいを求めてしまう我が家の男性陣。

お付き合い下さった皆様にはまっこと感謝です。



みんなでわいわい楽しんだ後は、埠頭で撮影会
P1030574.jpg


P1030576.jpg



港へ続く坂道。
P1030578.jpg

お外は気持ちがいい!



ドールショウ43に行ってきた

随分時間が経過してしまいましたが、
せっかく楽んできたので当日の様子をちょこっとご紹介。

大好きなディーラーのRomantic様と
リトルファクトリーの写真を撮ってきました。


Romantic様
P1030531.jpg

妖精がテーマだった今回、
いつにもまして煌びやかな衣装が目を惹きます

P1030528.jpg

P1030529.jpg



P1030534.jpg


P1030533.jpg


大きなお嬢さん用
P1030530.jpg


小さなお嬢さん用だって美しく
P1030532.jpg




リトルファクトリー
今後展開の商品モデルが、ずらり並んでいました。

いよいよリリアンの登場です。
P1030546.jpg


緑目の方がアニメっぽい印象
P1030547.jpg


27センチ用、緑のニットワンピ。めちゃ気に入った。
P1030540.jpg


こちらは23センチ用のオールインワン。
胸元の透け感と肩のフリルが好き。
27だったら買っちゃうんだけどなぁ
P1030550.jpg



次回のTOGOはオレンジ…というより
柿色のドレス。
P1030543.jpg


今回、一番注目されていたのが
23センチ用アリス風ドレス。
P1030542.jpg
競争率めちゃ高そう・・・



メイリン×メイリン

久しぶりにカオリちゃんじゃないフレンドをお迎えしました。

3月の月間っ子メイリン。
カオリちゃん以外は1体だけ、のマイルールは無視。
突然双子のお姉ちゃんになった
先輩の茶箱メイリンは心なしか嬉しそう。
P1030338.jpg

お姉ちゃんらしく開封のお手伝い。
P1030342.jpg

P1030343.jpg


「はじめまして、私たちメイリンです。」
P1030345.jpg

P1030346.jpg

メイリン3姉妹。
P1030348.jpg

着替えてみたよ。
P1030352.jpg

紫目イリン
P1030355.jpg

青目イリン
P1030356.jpg

予想外にいろんな表情をみせてくれました。

茶箱先輩は(髪が広がってきちゃったけど)リトファで
映画「アメリ」の主人公風にしてもらった「アメイリン」
なので、ちょっとフランス系。
P1030357.jpg


もう一度3人で。
P1030354.jpg
みんな横目だから、どうしても右側の子の
噂話しているように見えてしまう。


そして、双子ちゃんにはお湯パーマしました。

P1030513.jpg
しっかりクセをつけるために、1~2週間はこのままですが
すでに髪を解いてみたくてうずうずしています。









sidetitleプロフィールsidetitle

C夫人

Author:C夫人
ジェニーフレンドドール、カオリちゃんコレクター。
いつかはリトルファクトリー様主催
「みんぎゃら的あたぎゃら」に参加するのが
とりあえずの目標。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。